アスペルガーとギフテッドには、どのような違いがあるのでしょうか? まず、どちらも興味のある分野を追求するという共通点があります。 そのため、本当はギフテッドだったとしても、アスペルガーと診断されることも多いです。 この2つの大きな違いは、学習障害だといわれています。 アスペルガーの人の中にもIQが異常に高いケースもあるので、絶対ではありませんが、基本的にIQが普通よりも10程度低いといわれており、ギフテッドは普通よりも20〜30程度高い傾向があります。 ギフテッドの場合、子供の頃からIQが高いため、成績優秀で幅広い知識を有していることが多いです。 さらに、勉強だけではなく、スポーツも得意としていることが多いといわれています。 幼少期は変わり者という印象が強いですが、大人になると非常に優秀な人材になります。 アスペルガーもギフテッドも脳に障害がある訳ではありませんが、ギフテッドの方が学習能力などに優れていると思ってください。